グローバル経済と現代奴隷制 品切新装第2版刊行

ケビン・ベイルズ[著]
大和田 英子[訳]

現代社会で奴隷労働が生み出す巨大な利益を享受するのは先進国の「善良な」市民だ。安価な商品が生まれる背景には2700万人に及ぶといわれる奴隷の存在がある。売春婦・レンガ工・炭焼き人夫・農夫として最底辺に生きる人たちの実態を克明に調査した社会学者の渾身のレポート。奴隷制はつねに児童と女性に過酷な運命を強いる。「使い捨て」奴隷たちの搾取の連環を断ち切るために今、いかに行動すべきか。


◆定価2500円+税
◆四六判 416頁 並製
◆ISBN4-7736-2701-8 C0036
 (2002年10月10日)

[目次・まえがき]はこちら
[書評]はこちら

戻る