ダンシング・ヴードゥー
ハイチを彩る精霊たち

佐藤文則

 ハイチは世界初の黒人共和国としてその名を歴史に刻んでいるが、日本で一般的に知られているのは音楽や絵画、そして偏見に満ちたゾンビ像、世界最貧国ぐらいだろうか。だが、それらに対する理解は未だに一面的だ。前作『ハイチ 目覚めたカリブの黒人共和国』で同国の成り立ちや民主化への歩みを明らかにした著者はこの二作目で、ハイチ庶民の精神世界と民族の文化を探るには無視できないヴードゥーの実体をルポ形式で記録し、政治的困難を乗り越えて伝統を受け継ぐ人々の心の奥底に迫った。


◆定価2700円+税
◆四六判 376頁 並製
◆ISBN4-7736-2706-9 C0039
 (2003年08月15日)

[目次・まえがき]はこちら
















●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る