属 国
米国の抱擁とアジアでの孤立

ガバン・マコーマック〔著〕
新田 準〔訳〕

マッカーサー指令によって「天皇制民主主義」の国として独立を果たした戦後日本は、小泉・安倍政権に至って完全に米国の「属国」になった。一億総中流だった日本がなぜ、ニートとフリーターが溢れる国になってしまったのか。オーストラリア国立大学名誉教授の東アジア近現代史家が、戦後保守政治と日米関係の過去・現在・未来を鋭く分析。

 辺野古の闘いは、知日派外国人の目にどのように映っているか。
沖 縄大学名誉教授 新崎盛暉)
 日本が抱える諸問題の根源はどこにあるのか。耳を澄まして聴きたい外からの声。東 京大学大学院教授 高橋哲哉
 これは暗喩ではない。まさしくこの国の現実だ。(映 画監督・作家 森達也
 著者らしい、示唆に富む、骨太な議論。(シ カゴ大学教授 ノーマ・フィールド

  琉球新報書評」(08年11月2日)。
 小泉・安倍の7年を問う」(中日新聞・東京新聞
 金口木舌」(琉球新報一面コラム)。
 海鳴りの島から」(目取真俊さんのブログ)

◆定価2500円+税
◆四六判 336頁 並製
◆ISBN978-4-7736-3213-2 C0031
 (2008年8月15日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム


戻る