978-4-7736-3505-8

原水禁署名運動の誕生
東京・杉並の住民パワーと水脈

丸浜江里子〔著〕
 1954年3月1日、ビキニ水爆実験による「死の灰」で第五福竜丸とその乗組員が被ばくした。このビキニ事件を発端に、東京の「杉並の主婦」による、原水爆禁止運動が始まったとされる。この結果、東京・杉並は「原水爆(署名)運動発祥の地」と歴史化されたが、はたしてそれは正確な言説か。数多くの資料や、当時を知る区民への聞き書き証言を通じて、署名運動が誕生した背景や歴史、そして「発祥の地・杉並」「リベラル杉並」という神話の真実が明らかにされる。

◆定価3500円+税
◆四六判 416頁 上製
◆ISBN978-4-7736-3505-8 C0036
 (2011年5月20日)
[目次・まえがき]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム


戻る