王陵と駐屯軍
朝鮮戦争と韓国の戦後派文学

真野泰久/パク・キョンウン〔編訳〕


1945年、日本の敗戦とともに植民地のくびきを解かれたはずの朝鮮半島は、喜びも束の間、東西冷戦のまっただ中に投げ込まれた。戦後の混乱はやがて朝鮮戦争の勃発とともに全土に及び、戦乱の中で肉親を失ったり生き別れになる人が続出した。政治・軍事とは遠く離れた山里や都会の片隅で時代に流され、あるいは時代にあらがって必死に生き、また運悪く死を受け容れざるをえなかった人々の、心の叫びをすくい取った珠玉の短編集。

◆定価2500円+税
◆四六判 328頁 上製
◆ISBN978-4-7736-3901-8 C0097
 (2014年11月10日)

[目次・まえがき]はこちら


●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・宅配受取人払い注文フォーム


戻る